【登録日】
2005/06/28
【更新日】
2005/06/29

基本情報

通番 3057 報告書番号 2005-中部-M001
情報区分

保全品質情報

報告書状態 最終報告
事象発生日時 2005年 05月 27日 08時 10分 事象発生日時(補足) (発見)
会社名 中部電力株式会社 発電所 浜岡発電所3号
件名 給水注入逆止弁(A)の点検について
国への法令報告根拠 なし 国際原子力
事象評価尺度(INES)
評価不要

発生箇所および発生時の状況

事象発生箇所
【設備】 タービン設備  【系統】 給水系
【機器】 弁装置>逆止弁  【部品】 その他(弁*)
事象発生時の状況 第13回定期点検における調整運転のため、平成17年5月25日14時50分より原子炉を起動し、5月27日7時15分から原子炉圧力約7MPaにおける点検を行ったところ、給水注入逆止弁(A)(3B21-F060A)のボンネットフランジ(弁蓋と弁箱の接合部)から極微量のにじみが認められたため、当該弁の点検修理を行うこととした。
このため、5月27日18時45分より原子炉の停止操作を開始し、同日22時02分原子炉を停止して、点検修理を行った。
点検修理完了後、5月29日18時より原子炉を再起動し、5月30日10時09分から原子炉圧力約7MPaにおける点検を行い、当該弁ボンネットフランジ部からのにじみがないことを確認した。

原因

原因調査の概要 (1)点検修理の方法
今回確認されたにじみに対する点検修理は、ボンネットフランジのリップ部を溶接(リップ溶接)することにより実施した。当該弁は、ボンネットフランジからの微小リークに対しては、溶接修理を行うよう予めリップ部を設けている。また、リップ溶接は4パスの溶接(メーカ標準)により設計環境条件(温度:302℃、圧力:約8.62MPa)を満足するものである。なお、修理にあたっては、所定の資格を有する者が行うとともに、当社保修員の立ち会いのもと実施した。

(2)溶接部健全性について
溶接部の健全性について、初層及び最終層を浸透探傷検査(PT)にて、確認した結果、異常な指示は認められなかった。また、溶接の肉盛り厚さを測定し、規定以上の厚さを有していることを確認した。
また、原子炉再起動後、原子炉圧力約7MPaにて当該弁を点検した結果、にじみ等の異常は確認されなかった。
事象の原因 原子炉起動時の温度変動による弁蓋・弁箱とボルトとの熱膨張・収縮の追従差により、一時的にガスケットの面圧が低下し、にじみが発生したものと推定される。
原因分類 その他>その他
事象の種別 時間依存性のない事象(偶発事象を含む)
火災に該当しない事象

再発防止対策

再発防止対策 (1)運転中の監視
今後は、通常実施している巡視点検(1回/週)により、当該弁の健全性について確認していく。
(2)弁の点検
当該弁については、点検計画に基づき次回定期点検(第14回定期点検)にて分解点検を実施することとしており、その際、ボンネットフランジのシール面の状況について確認する。
水平展開の検討 水平展開状況

参考資料

添付資料
プレスリリース

プラント状況

発生時運転モード 起動 発生前の電気出力 0[MW]
発見の方法 作業・点検
発電所への影響 手動停止
発電停止時間 0時間 0分

分析用情報

外部への放射能の影響 なし
保安規定違反 なし
運転上の
制限外への移行
なし
自動で作動した安全系 なし 手動で作動した安全系 なし

関連情報

同発電所で発生した
同様事例
その他